fc2ブログ

平坦なところでつまずく、転びそうになる それ太もものせいかも


それは不注意が原因じゃないかも

● 何もないところでつまずく、転びそうになる
● ちょっとした段差?につまずく。

● カーペットの上を歩いていて とか、
● 明らかに平地だよね?
え?そこ段差あったか?wって位。

アレなんでだろ?ってなった。

それこそ 答えは大小あるけど
一言でかたずけると

老化
ほんまに?

足腰の力の低下。 
ま、まぁそうかも、、。

もう少しソフトに?言って
バランスが悪い?

おいおい、ほんまか?w
まだそこまで、、、。w

確かに足腰の筋肉が弱ってくると、
しっかり足を上げることができず、
すり足気味で歩くようになる。

これはあくまで老人や、
病人さんや、
めっちゃ運動不足の話

悲しいかな。
人は老化するか、便利になると
どんどん筋力や色々なものが退化する。

その前に!
もっと
その前の段階は無いんかい!

そう!
あなたのその原因は
膝を曲げ伸ばしする時に使う大腿四頭筋、
特に太ももの硬さが原因かもしれません
触られると 
くすぐったい こそばい!も中に含まれたりします。

その大腿四頭筋の中の大腿直筋。.膝の骨ともつながっている
大腿直筋

説明するに何か、無いかな、、、

あった!
(昔ガチャで取った解剖模型サイズはかなり小さい。)

20220920133342298.jpg
大腿 大体この紫のライン上

リラクゼーションでの触り方としては
適度な力で押さえるになりますね。

縦に走っている筋肉なので
横の刺激(筋を外へずらすような動き)で緩めるといいかもしれませんね。

緩める側として注目したいのはココ。
腸骨(下前腸骨棘、寛骨臼の上縁)から始まり、
脛骨(脛骨粗面)に終わる。

いわゆる起始をうまく緩めると緩むのが早い。
もちろん了解を取ってからですね。
デリケートゾーンに非常に近いので。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T

Author:T
大阪市内の某も○ほ〇しの
現場で起きる事を
何とかする為の考え方や
成功集です。

Twitterでは ほぐしの現場 (今日の整体)です。
プロフィール

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
QRコード
QR